>  > マツダ アクセラ/アクセラスポーツ BM系 19インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS MX (レオニス エムエックス) BMCミラーカット アルミ
17インチトレジアP120系 タイプユーロWEDS レオニス NAVIA 05 ブラックミラーカット/ブラッククリア 7.0Jx17Bluearth エース AE50 205/50R17

マツダ アクセラ/アクセラスポーツ BM系 19インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS MX (レオニス エムエックス) BMCミラーカット アルミ

BM系 アルミ 19インチ BMCミラーカット アルミホイール アクセラ/アクセラスポーツ 19インチ エムエックス) マツダ MX (レオニス LEONIS 一台分(4本) MX

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

マツダ アクセラ/アクセラスポーツ BM系 19インチ マットブラック アルミホイール 一台分(4本) LEONIS MX <セミオーダー> (レオニス エムエックス) BMCミラーカット アルミ

ネパールの空港に到着。

VISAを取るには写真と25ドルと書類が必要。
書類を急いで書き上げ、列に並びなんとか早めにVISAゲット。
言うほど混んでないなと思ったら、どうやらインド人はVISA申請がいらないらしい。
インド発の便ならそんなに焦る必要はないみたい。

ついにネパール入り。

空港は、、、、チェンナイよりちょい悪くらいかな 17インチステップワゴン スパーダRK6 4WDWEDS レオニス NAVIA 05 マットブラック/リムポリッシュ 6.5Jx17VEURO VE303 215/50R17。

さぁ、カトマンズの街に繰り出すと 205/40R18 86W XL ATR SPORT エーティーアールスポーツ ATR Sports エーティーアールスポーツ WEDS Kranze Weaval 100EVO ウェッズ クレンツェ ウィーバル 100エボ サマータイヤホイール4本セット。。。。

ものすごく埃っぽくてすぐ目が痛くなる。

インドっぽい。

というか、インドと同じ交通ルール。信号もほとんどなく、先に動いた者勝ち。
走っている車も同じものが多いけど、バス用途で1BOXがけっこう多く走っている。

チェンナイと違うのは歩道を人が歩いていることかな。

たいしたものだ。

最初はボダナートという世界遺産を見る。
外国人の入場料はNRs.200(ネパールルピー)、あれ?100だったかな?。この時は1円=1.06ネパールルピー。計算しやすい国はうれしい。

一歩踏み入ると写真とかで見たことがある風景。
ネパール最大のストゥーパ(仏塔)で中にブッダの骨が入っているんだとか。

四方に睨みをきかせるBUDDHA EYE。

ちなみにこの万国旗みたいなものには文字が書かれている。

タルチョーと言ってお経が書いてあったりする。なんでも風が吹いてはためけば、字が読めない人も読んだことになるらしい。

周りにはお土産屋さんやレストラン。

観光地な感じ。

適当なビルに入ってボダナートをちょい上目線で見る。
この大きさが何で決まったかというと、当時の王様が一頭の水牛の皮から作った糸を1周させた時の大きさらしい。
象とかだったらどうなってたんでしょう。。。。大きすぎて作れなかったかも VORTEX ボルテックス リア スプロケット(Rear Sprocket) 丁数:44 CBR1000 RR CBR600 F4i CBR600 RA CBR600 RR CBR929 RR RVT1000 R RC51 165/55R15 BRIDGESTONE ブリヂストン BLIZZAK VRX ブリザック VRX BADX S-HOLD LAGUNA バドックス エスホールド ラグナ スタッドレスタイヤホイール4本セット。

これはマニ車。

大きいのから小さいのまでネパールのお寺にはあちこちある。
このマニ車にはお経が書かれていて、これを1周回すことで読経したことになるらしい。
ネパールではクルクル回る機会がたくさんある。

とりあえず記念写真。

仏塔の付近ではお祈りをする人達。

ネパールのお祈りは頭を下げるだけじゃなくて体ごとひれ伏し、その後立って手を合わせる。これを100回1セットらしい。
健康的。

これは。 brembo ブレンボ ブレーキディスク フロント プレーン スバル WRX VAB 14/08~仕様変更 09.7812.21 ブレーキディスクローター ブレーキローター ディスクローター 交換 部品 メンテナンス 車 パーツ。。。。

これもお祈り。けっして罰ゲームではない。

お祈り用のエプロンみたいなものを着用して、寝そべった時手を伸ばした分ずつ進み仏塔の周りを回る 。3周が基本で、最低でも1周。
確かに信仰心がなきゃやり遂げられない。。。。

外国から来たボランティア団体が野良犬を治療中。

犬を救いたい人、人を救いたい人、地球を救いたい人、色んな人がいますねぇ。
チェンナイにもたくさん犬いるよ、来れば?こっちの犬はかわいくないからダメ?

続いて訪れたのはパシュパティナートという所。

ヒンズー教徒にとって、かなり大事なお寺らしい。

ここから先はヒンズー教の人だけしか入れない。

宗教というより人種で見分けているとしか思えないが。

。。。。

そばには火葬場がある。

この川は聖なるガンジス川につながっているらしく、ここで遺灰を流せばバラナシ辺りで流したのと同じことになるらしい。

遺灰以外にもゴミがたくさん流れていていたりはするが。。。

失礼して火葬が始まる直前の写真いただきました。

朱色の装束をまとう遺体。参列者は日本のように喪服を着る習慣はないみたい。
このあとさらに薪やワラをかぶせこの場で火葬をする。

遠くから見ている謎のヤツ。

この格好、なにか意味があるんでしょうか?

失礼して火葬中の写真。

この後、遺灰を川に流す。
今は乾期で水が少なくてガンジス川に着くには時間がかかりそうだけど、がんばってくれ。

ここでカトマンズは一旦終了、ナガルコットへ向かいます。

でわ。

2012.11.19 02時40分 旅行・地域, 【旅】ネパール 紀行 | 固定リンク
Tweet

コメントを書く

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-99139