【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱K ミラクルエンドミル0.3mm VC2SSD0030 JP店


 >  > 【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱K ミラクルエンドミル0.3mm VC2SSD0030 JP店

KYB(カヤバ) Lowfer Sports 1本(フロント右) MPV(LWFW) WST5255R / ローファースポーツ

 |  【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱 M級ダイヤコート COAT 10個入り TPMN160304 JP

【メーカー在庫あり】 ピクシススペース 三菱マテリアル(株) 三菱K ウェッズスポーツ ミラクルエンドミル0.3mm VC2SSD0030 JP店

さわさわと、月光の元で草が揺れ、
そしてその光を浴びる妖と少女の姿は、
月鏡に映されてゆらゆらと揺れる。


りんは、綺麗な庭園の一角に、ぽつんと立っていた。
ひとり。誰もいない庭を風が吹き抜けて花を散らす。
ここ、どこだろう?
見知ったどことも違うそこに、りんは途方に暮れて辺りを見回した。
え~ん、殺生丸さまぁ、邪見さまぁ。どこいっちゃったのぉ?
散った花びらはさらさらと流れてりんの身体を掠め、そしてその視線の先に一人の女性が立っていた。
春らしい、桜色の衣をまとったその女性は、美しい面差しで、そしてりんを見つけて、少々驚いたのか、目を丸くしている。
「…………」
それはりんも同じで、この人は誰なのだろうと、様々に思いめぐらせていたが…
「まあ。」
女性は、らうたけた声でそう呟き アライVZ-RAM GHOST レッド M、そしてりんに歩み寄った。
「どこからきたの?どうしてこんなところにいるの?」
「…………」
それは、りんが教えて欲しいことだった。りんは、美しい女性の顔を見上げ、そして、
「あたし、

【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱K ミラクルエンドミル0.3mm VC2SSD0030 JP店激旬アイテム続々入荷

、わかんない。」
と、言った。
「あたしね、殺生丸様と一緒にいたの、でもね、ええっと。」
ここはどこなのだろうか?
りんは、改めて考えた。
自分は一体何をしているのだろう?
「ここどこ?」
尋ねたりんに、女性はふわりと微笑んだ。
「ここは、私の旦那様のお屋敷よ。迷い込んでしまったのね。心配しなくて良いわ。あの方が戻られたらすぐに、あなたを返してあげるから。」
「…あ…」
りんは、女性の優しげな顔に心を奪われ、そして、
「ありがとうっ。」
と、お辞儀をした。
「りん、困っちゃってたの。でも、もとに戻してもらえる?」
「ええ。旦那様が戻ればすぐにでも。」
女性は微笑み、そしてりんに手を差し出した。
「それまで少しお話でもしましょ?お腹は空いていない?」
「えっ…」
りんは、思わず即答した。
「空いてる!!」
ふふ D-SPORT(Dスポーツ) ブレーキローターType-R 大径ベンチレーテッドディスク車用 【クー:M402S 年式:2006/04- 】 品番:43512-B082 (43512B082)、と女性は笑う。
「いらっしゃい。」
優雅な庭園を少しの間、女性に連れられて歩いてゆくと、やがて向こうから誰かが走ってくるのが見えた。
「奥方さま!!」
息を切らして走ってきたのは、さらりとした灰色の髪に小袖を付けた妙齢の女性。
「一体何をしておいでですか?!あなた様に何かございましたら、お叱りを受けるのは私どもでございますのに…」
「ごめんなさい アグリーブロス ギャロップ uglyBROS MOTO PANTS Gallop アグリブロス バイクパンツ ライディングジーンズ バイク用デニム ジーンズ、皐。」
奥方さま、と呼ばれ、女性は、美しい笑顔で微笑む。
「桜が見事でしょう?間近で見てみたくなったのよ。」
「…奥方さま…」
皐はため息をつき、そして、彼女が手を引いているりんに目を留めた。
「奥方さま、この人間は?」
人間、という言葉に、りんはびっくりした。
では、このひとたち、妖怪なのかな?
あいにくりんは、殺生丸や邪見と違って、人間と妖怪を見分けることは出来ない。
じゃあ、ここは妖怪がすんでるお屋敷なのかな?
怖くはなかった。興味はあったが、恐怖は覚えなかった。
殺生丸さまも、こんなお屋敷を持ってるんだろうか…そう、思っただけだった。
「ああ。」
女性は微笑み、そして皐に告げる。
「そこで出会ったのよ。」
「そこで…って、奥方さま。この屋敷には、ご主人様の結界が…」
「そうなの?私にはよく判らないのだけれど。」
女性はそう言って笑い、
「やはり妖怪でないと、そういうものを察知することは出来ないのかしら?」
と、言った。
「じゃ、じゃあ、お姉さんは人間なの?」
りんが驚いて言う。女性はさらりと答えた。
「そうよ。さあ行きましょう。あの子も待っているでしょうしね。」
そして、三人は美しく手入れされた木々の間を通り抜け、そして美しい寝殿が目の前に姿を現した。

「母上!!」
寝殿のそばまで寄ると、可愛らしい声とともに、一人の少年が縁台に走り出てきた。
「母上、どこにいってたの?」
「……!」
りんは、その少年の姿に少しの驚きを感じた。

三菱K ミラクルエンドミル0.3mm JP店 【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱K VC2SSD0030 【メーカー在庫あり】


その銀の髪、金色の目は、自分が大好きなひとにそっくりだったから。
ただ、大きな違いは、その瞳は感情を明確に表してきらきらと輝き、そして、
その頭から、犬耳が生えていること。
「若君は、奥方様がいらっしゃらないと、やはり寂しくていらっしゃるのですね。」
皐の声に女性はふわりと微笑み、
「いい子にしていた?」
と、犬耳の少年を抱き上げた。
「うんっ。」
少年は無邪気に答え、そして、りんを見つめる。
「だーれ?」
「あ、あたしはりんていうの。」
「ふうん。どうしてここにいるの?」
少年は、好奇心旺盛な目をりんにじっと向けている。その子供を愛おしげに抱いた母親は、優しい声で言った。
「りんさんは、連れの人とずっと旅をなさってたんですって。さあ、少し何か頂きましょう。あなたもお腹が空いたでしょう?りんさんも何か、きっと面白い話をしてくれるわよ。」
「うんっ、ぼく、すいたよ!!」
母親の腕から下ろされた少年は、嬉々としてりんを見つめた。背はりんのほうが幾分高い。そんな低いところに金の目があるのが、りんはとても不思議だった。
ずっと、首が痛くなるくらい上を見ていなければ、届かない色だったのに…
「お姉ちゃんはたびしてたの?」
「えっ?」
りんは、慌てて聞き返す。
「たび、たびって面白そうだね。僕まだ、このお屋敷から出たことがないんだ。父上、僕をたびにつれていってくれないかなぁ…」
「おまえにはまだ無理よ、もっと大きくならないと。」
部屋の奥から声がかかった。そこには数人の女官が茶菓子などを持って集まっている。
「さあ、二人ともいらっしゃい。」
「はぁい。」
「はっ、はいっ。」

茶菓子は、とても美味しかった。
普段は絶対に食べることの出来ないそれに、りんは舌鼓を打った。
広がる、甘い味。
それを食べながら、りんは旅の話を語った。
とても強い妖怪と旅をしていること。いろんなところへ行ったこと。危険な目にもあったこと。
「お姉ちゃん、怖くなかった?」
同じ色の目を持つ少年が尋ねる。りんは首を振った。
「そんなことなかったよ。だって、」
「その、連れの人があなたを守ってくれるのね。」
女性の言葉に、りんの顔は幸せそうな笑顔になった。
「うんっ!」
「まるで父上と母上みたいだなぁ。」
少年が、ふうん、と呟いた。
「父上も母上のこと、守ってくれるよね。だって、守り刀、くれたもんね。」
その言葉に、女性は本当に幸せそうな顔になる。
ふわり、と頬が上気し、そして、
「そうね。」
と、微笑んだ。
いいなぁ。
りんは思った。
こんなふうに ヤマシロ(山城) EXUSTARブーツ E-SBT271W BK(ブラック) #45(28.0cm)、幸せなのっていいなぁ。
りんも、殺生丸様とこんな風に出来たらいいなぁ…
殺生丸様、りんのこと探してるかな?またさらわれたんじゃないかって、心配してくれてるかな?
そうだといいなぁ…
「奥方さま、ご主人様のお帰りでございます。」
不意に女官の一人が部屋に入ってきて言った。
「そう。」
女性は嬉しそうに微笑む。
「ではもうお別れね。楽しかったけど。色々話をせがんで迷惑ではなかったかしら?」
りんに向けられたその言葉に、りんは慌てて言った。
「そんなことないよ、だって、りん、殺生丸様のこと話すの、だいすきっ。」
「そう。」
女性が微笑んだ。しかし、周りの女官の目、そして、さっきまで無邪気に菓子をほおばっていた少年までもが、ざっ、とりんの顔を見た。皆、今なんて、とりんの顔を見つめている。
「え?」
その奇妙な空気に、りんが戸惑う。しかし女性は微笑み、そして、言った。
「さあ、さよならよ。もうすぐ旦那様が帰っていらっしゃるわ。」
「そうだね、えっと、お姉さんの旦那様ってどんなひとなのかな?もうすぐ会えるね。」
「いいえ。」
女性は、にっこりと笑って言った。
「会えないのよ。」
「??」
「だって、」
廊下を歩く足音が聞こえる。そして、声。それは、こちらへやってくる館の主のもののようだったが。
「その話は後にしろ。」
「そう言われましても、その件に関しては、早々に書類を頂きませんと…」
「くどいぞ。」
お帰りなさいませ、お帰りなさいませ、と声が聞こえる。女性は、ふわりと微笑んだ。
「だって、その前に目が覚めてしまうんですもの。」
え?
え?
え?
女性の 、美しい微笑み。そして、遠くからの、どこか聞き覚えのある声。そして、御簾を上げたのは、

紫の、月。

月明かりの下で、りんはぱちっと目を開けた。見慣れた双頭の飛竜が、少し離れたところで目を閉じている。邪見のいびきが、すこし耳につく。
そして。
「どうした。」
穏やかな声に、りんは顔を上げる。
紫の月。
「せっしょうまるさま…」
金の瞳が、りんを見下ろしている。
ああ、そうか。
りんは、やっと理解した。
あたし、いつもみたいに、殺生丸様の隣で寝ちゃったんだ。
「あのね、せっしょうまるさま。」
りんは、寝ぼけ眼で言った。
「りんね、ゆめみたんだよ。きれいなおんなのひとがね、きれいなおやしきにいてね。それでね、それでね…」
あとの言葉は、夜に融けるように消え、
りんはまた、殺生丸の袖を掴んで眠りの中に落ちていった。
「…………」
殺生丸は、黙ってそのまま空を見上げた。
美しい満月。
さわさわと、月光の元で草が揺れ、そしてその光を浴びる妖と少女の姿は YOKOHAMA スタッドレス ice GUARD6 IG60 155/70R13 &VELVA IGOR 13 x 4.0 100/4H + 45 バモスホビオ HM3、月鏡に映されてゆらゆらと揺れる。

***

「今帰った、りん。」
御簾を持ち上げ、その姿を現したのは、大好きなたった一人の人。
「お帰りなさい、殺生丸様…」
彼女は、心からの笑みを浮かべて、彼を迎えた。
「………」
館の主は、少し目を細めて部屋の中を見やった。
「…りん、ここに誰か居たか?」
「どうしてですか?」
「…いや…」
確かに、違う匂いがする。しかし、これは見知らぬものではない。
何が違うかと言えば、何も違わないのだが…しかし、少しの違和感を覚える。
「西国でのお仕事お疲れさまでした。」
「ああ。」
早速、愛する妻をその手に抱く主に、従っていた小妖怪が叫んだ。
「殺生丸さまぁああ!!まだお仕事は終わりではございませんぞ――――っ!!!」
「くどい、邪見。」
ぱこーん、と邪見は表に蹴り出され、
そして、後には幸せそうな二人が残される…
〈了〉



後記

どうもありがとうございました…
このお話は、“成長したりんちゃん”がぢつはテ-マだったり…
まあ、当然至極な結果に落ち着いてしまいましたが。

因みに。
作中で(オトナ)りんちゃんが、一カ所不自然な台詞を喋っている箇所があります。
勿論わざとです。
これで推理小説みたいに、
「ああ、そういえばあのとき…」
って、やりたかったんですが。
やらないほうがいいかなとおもってやりませんでした。
いやもうバレてるかも、とか思ったんですが…
あそこで、「あれっ?」とか思ってくださった方は、

【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱K ミラクルエンドミル0.3mm VC2SSD0030 JP店

、きっとコナン君になれますね!!(ヲイ)
 |  【BMW純正】BMW G01 X3 G02 X4 M Performance ブラック キドニー グリル セット

サイトトップ

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-39440