Dimotiv ディモーティヴ ボムタイプハンドルバースタビライザー(Handlebar Stabilizer - Bomb) カラー:ブラック YZF-R3


 >  > Dimotiv ディモーティヴ ボムタイプハンドルバースタビライザー(Handlebar Stabilizer - Bomb) カラー:ブラック YZF-R3

- Stabilizer ボムタイプハンドルバースタビライザー(Handlebar ディモーティヴ YZF-R3 Bomb) ディモーティヴ - Dimotiv カラー:ブラック


CD “In Krakow, In November” by Natsuki Tamura and Satoko Fujii

Dimotiv ディモーティヴ 4本 ボムタイプハンドルバースタビライザー(Handlebar Stabilizer - S80 Bomb) カラー:ブラック YZF-R3

 

新しく、特記すべき---Jazziz(アメリカ)

 

「様々な要素を取り込む開放的な耳の持ち主であり、様々なグループによる作品を数多く生み出してきた藤井が、トランペッターの夫、田村夏樹と共に制作した、3枚目のデュオ・アルバムである。ファンにとってはお馴染みの楽曲だが(中略)、ここではふたりがより高度な表現力を発揮している・・・。メロディーと内省的な気分がこの『In Krakow』の鍵を握っている。タイトル曲は東欧風のイメージが印象的で、哀愁迫る田村の演奏は、マイルス・デイヴィスの『死刑台のエレヴェーター』を思わせる。「Morning Mist」もまたGato Libreのレパートリーだが、ここではうっとりするような印象派風の演奏となっている。アルバムは、光明に満ちた思慮深い「Inori」で幕を閉じる。彼女の要求する水準はもともと高いが、このアルバムは人の心を動かす説得力のゆえに、藤井の優れたレコーディングのひとつに数えられる作品となっている。」--アンディ・ハミルトン、ザ・ワイア(イギリス)

 

「藤井と田村は、音楽の上でも私生活の上でもパートナー同士である・・・。この作品には、優れた点が2つある・・・それはこのデュオが一緒になって生み出す響きと、ふたりが醸し出す雰囲気である。とびきり上等な深夜の音楽とも言えるが、恐れることなく境界を押し広げようとする音楽でもある。大物の気品と、聴き手を誘惑するようなしたたかさも持ち合わせている。それと同時に愛嬌やユーモアが感じられるのは、気持ちのこもった演奏ならではの特質かもしれない・・・。聴く喜びを何度も味わわせてくれるアルバムだ。」--ダンカン・ヘイニング、ジャズワイズ

 

「田村夏樹と藤井郷子の夫婦チームは、アヴァンギャルド・ジャズをより幅広い聴衆に伝えるべく 、猛烈な勢いで活動を続けている。ふたりの創造力が発揮された冒険的な音楽には、レスター・ボウイーやムハル・リチャード・エイブラムスといったAACMのメンバーたちが打ち出した、ワクワクするような作品をほうふつとさせるものがある。この創造力豊かな夫婦は世界中にその活動の場を広げ、音楽的な発想を自由に巡らせるとどうなるかを、積極的に実演して見せている・・・。2005年にレコーディングされたこのデュオ作品に収められたいくつかの曲は、ふたりが過去に発表したアルバムで親しんだものである・・・。とはいえ、ふたりの自由で創造力あふれる魂に火が点けば、同じことの繰り返しにはならない。どの曲も、爆発するような勢いと豊かな叙情性が相まった 【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱 TA式ハイレーキ ARX30R122SA10LW HD、完全に新しい内容の演奏になっている。打楽器を思わせる藤井のピアノは、低音域まで下りて行ったかと思えば、高音域を使った雷鳴のような和音で悲鳴を上げる。それと同様に、田村の陰鬱なトランペットも、次なる驚きを探りながら高低自在に飛び回る。ふたりはしばしば、宙高く舞う天使たちのように悲しげなうめき声を上げる・・・。質の高い芸術作品の多くがそうであるように、藤井と田村の創造性豊かな音楽は、様々な印象を与えてくれる・・・。この作品も、あらゆる人々に楽しんでもらえるはずだ。」--ジム・サンテラ、

Dimotiv ディモーティヴ ボムタイプハンドルバースタビライザー(Handlebar Stabilizer - Bomb) カラー:ブラック YZF-R3


カラー:ゴールドはこちら
カラー:チタニウムはこちら
カラー:シルバーはこちら
カラー:ブルーはこちら
カラー:レッドはこちら
カラー:ダークグリーンはこちら
カラー:オレンジはこちら

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
DI-HCB-EU-VR3

カラー:ブラック

■適合車種
▼YAMAHA
YZF-R3 15-16

■詳細説明
【MATERIAL】
6061-T6 Aluminum Alloy: Silicon 0.4-0.8% Copper 0.15-0.4% Magnesium 0.8-1.2% Chromium 0.404-0.35% Ultimate Tensile Strength 290 MPa 42000 psi Bearing Yield Strength 241 MPa 35000 psi while thickness is less than0.25 (6.4mm)Tensile Strength is 8% or more. While thickness is greater than 0.25 (6.4mm) Tensile Strength is 10%. SURFACE PROCESSING: Anodized Color treatment: Corrosion resistant and 60 hours anti-UV endurance (tested under 100eV UV exposure for 60 hours before color starts fading whereas natural UV radiation is around 3-10eV). FEATURE: The base is CNC machined from 6061 Aluminum and is T6 heat treated to offer better strength hardness and flexibility than the average 6061. The impact shell is made from POM material which is high in tensile strength. The surface is anodized color treated finished with clear coating to preserve color vibrance under all weather conditions. The impact shell can be replaced to prolong usability.

■注意点

※画像には他のカラーリングも含まれています。

、オールアバウトジャズ(アメリカ)

 

「『In Krakow, In November』がレコーディングされたのは・・・つまり、2005年11月のクラクフ(ポーランド)である。アルバムは、ラジオ・クラクフのためのスタジオ・セッションをまとめたもので、ふたりはこれを機に、主にSatoko Fujii FourやNatsuki Tamura Quartet、田村のGato Libreのレパートリーの中から、ヨーロッパ民謡の影響を受けた作品を選び、改めてデュオの形で演奏することにした。セッションでは、通常なら荒々しい演奏になる「Explorer」(これまでは KYB(カヤバ) New SR SPECIAL リア[L] カムリ/ビスタ/アルディオ(SV42) ツアラー、ZX NSC4107 カワイ製作所 ロアアームバー リア 【 86 ハチロク [ZN6] ('12/04-) 】、全面的に電気楽器を取り入れた大騒ぎのような演奏で知られてきた)や「Ninepin」(Fujii Trioのライヴではお馴染みである)といった曲も取り上げられているが、全体的にはGato Libreのアルバムを思わせる 【代引不可】BELLEZZA(ベレッツァ):Axis アクシス シートカバー (ベージュ) BEAXS665V1、静かで可憐な作品となっている。どの曲も GALESPEED F350-17 ホワイト TYPE-R ZEPHYR1100 《ゲイルスピード 28370004ホイール》、ピアノとトランペットで演奏するために注意深く見直されており、Gato Libreの2枚のCDから選び出された曲でさえ、大幅な変更が加えられている。『In Krakow, In November』は、サティ風のもの(「Strange Village」や「Morning Mist」)からレニー・トリスターノ風のもの(息を飲むほど素晴らしい「Inori」)まで、落ち着いた雰囲気の夜の音楽を提供してくれる。少ない音数により多くの表現をめざしているようだが、その音楽には、たっぷりと気持ちのこもった重みがある。Gato Libreに魅了された人なら、次にはこの『In Krakow, In November』を買うのが自然である。」--フランシス・コウチュア、オールミュージックガイド

 

「この飾り気のない、アクースティックな楽器による藤井と田村の気品あふれる対話や饒舌な会話には、テレパシーにも近い完璧さがある。」--トロイ・コリンズ、ケーデンス(アメリカ)

 

「『In Krakow, In November』を聴くと、ピアニストの藤井郷子とトランペッターの田村夏樹のアヴァンギャルドな姿勢が、ヨーロッパ音楽の影響によって和らげられたと思うかもしれない。近年に発表された田村のグループGato Libre――藤井はここでアコーディオンを弾いている――の2枚の作品と同様、この作品にも、ヨーロッパの民謡とクラシックの様式を探ったふたりの感覚がにじみ出ている・・・。とはいえ、以前にこのふたりのアーティストが共に、あるいは、藤井の『Sketches』(NatSat 2004)や田村の『Ko Ko Ko Ke』(NatSat 2004)で個別に探った、和やかな雰囲気の音楽とふたたび取り組んだというほど、今回の作品は大人しくはない。『In Krakow, In November』は、ピアノとトランペットだけというデュオによる簡素な作品である。メロディーが音楽の中心に据えられ、田村と藤井の得意な――大編成のアンサンブルや電気楽器を用いたふたりの作品では、覆い隠されていたかもしれない――部分が、こうした切り口のサウンドの中で発揮されている・・・。収録された曲はすべて、今までに藤井や田村が率いた他の様々なアンサンブルでレコーディングされたものだが、このディスクでは、同じ曲がたった2台の楽器で演奏されることによって、興味をそそる遊び心と、しばしば高貴な印象さえ与える内省的な性格が、藤井と田村が醸し出す独特な緊張感と相まった、楽曲の純粋に本質的な部分をわれわれは耳にすることができるのである。」--ダン・マクレナガン、

Dimotiv ディモーティヴ ボムタイプハンドルバースタビライザー(Handlebar Stabilizer - Bomb) カラー:ブラック YZF-R3

、オールアバウトジャズ(アメリカ)

 

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-47997